« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

大晦日ですね

1231 先日作った石けんです
使えるようになるのはもう少し先ですけどね。
ちなみに2日続けて石けん作りをしました♪
石けん作りって料理と似ていて、中に何を入れようか考えるだけでワクワクしてしまいます(*^-^*)

今年も今日で終わり・・・ですね。
日常生活で大事なのは、「笑顔」と「マイナスの言葉を口にしないこと」だと思ってる私。
なのに現実の私はその両方ともちっとも出来てない状態。
笑顔になる前にイライラの方が勝ってしまうことが毎日何度もあるし、ついつい愚痴ってしまうこともしばしば。
愚痴ったところですっきりするどころか自己嫌悪に陥るのが分かっているにも関わらず。
イライラをためこまず、口にせず、自然に自分の中だけで処理できるようになれるといいな。
そして笑顔ですね・・・笑顔があれば、ある程度のことは許されるのです。そう信じてる私(*^-^*)
来年はこの2つがちゃんと出来るようになれる1年にしたいです。

明日は元旦。
1年の計は元旦にあり。
ほぼ毎晩、アルコールを飲み続けてる私ですが、明日だけは絶対に飲まないようにしよう!と思っています。
明日飲んだら来年1年間も飲んだくれの1年になりそうだもの(^-^;

6月に始めた拙い私のこのブログを読んでくれてありがとう。
良いお年をお過ごしくださいませ。

| | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

傷だらけの日々

今日は会社の大掃除で仕事収め。
明日からお休みです。

年末ってやたらと町行く人々がせわしなくて、何となく自分まで「年末だからいつもと違う生活をしなきゃ!」などと思ってしまいます。
結局いつもと同じ生活を送ってるわけなんですけどね(^-^;

夕食を作るときにキャベツを刻んでて指の肉をそぎ落としてしまいました(T-T)
1時間近く血が止まりませんでしたよ。とほほ。
とは言え、こうゆう出来事は私にとって特別なことではなく、日常だったりします。
うっかり者の私は、しょっちゅう包丁で指を切ったり爪を切ったり、火傷をしたりぶつけて痣を作ったり。
なので私の体のどこかには常にちょっとした傷があって、人から「どうしたの?」と聞かれても、あまりに頻繁すぎていつどこでその傷を作ったのか思い出せなくて「忘れちゃった」と答える始末。
せめていつどこで傷を作ったのか記憶に残る程度に傷を減らしていけたらいいな、と思った今日の私でした。

| | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

ターシャ・テューダーの世界が好きです

1227 今日の午後、掃除を終えてほっと一息・・・ふとテレビをつけたらターシャ・テューダーの番組がやっているではありませんか。
アメリカ・バーモント州に住む彼女は今年の6月に92歳でお亡くなりになりました。
46歳で離婚して絵本作家に。そしてその10年後にバージニアの山奥に一人で暮らし始め、究極のナチュラルライフを送っていました。
そんな彼女の生き方は、まさに私の思い描いてる理想の世界。
どうしたらあれほどの強い思いを持って自分の生きたいままに行動出来るのか・・・。
いろんな執着やしがらみから開放されて、自分の生きたいように生きれたら本当に幸せなのにね。
彼女ほどの世界とはほど遠くても、自分なりに目指してる世界に近づけるようになれたらいいな。
気負わず自然にね。でも勇気と決断は必要ですね。

「価値のある良いことは、時間も手間もかかるもの」
これからの人生を私は丁寧に生きていきたいです。

| | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

10年分のスケジュール帳

1226 先日、お友達からいただいた手作り石けんです♪
彼女とは15年前からの文通友達。
最近では年に1~2回程度しか手紙を書けなかったりするのですが・・・それでも15年ってすごい!と自分で思うのした。
昔から私は「書くこと」が大好き。
なので私のスケジュール帳には文字がぎっしりと書いてあるんですよ。
「歯医者18:30~」とか「車検」とかね(笑)
その手帳を何年分も捨てずに持ってる私。それこそ10年分とか・・・(^-^;
時々昔の手帳を見返して「昔から私ってゴチャゴチャと慌しい日々を送ってたんだなぁ」と思うのでした。
実際の私はとことんグータラで、出来るならば仕事帰りは毎日どこにも寄らずに真っ直ぐ家に帰り、休日は家から一歩も出ずのほほんと過ごしたい!と強く望んでいるのですが(^-^;
でも自分では頭の中のゴチャゴチャを少しでも整理するために書いてたつもりなんですけどね。
ちゃんと書かなきゃ一体何をいつやれば良いのかうまく頭の中で段取りが出来ない私でした。

家の流し台が古くて底が抜けかけてたので、大家さんが取り替えてくれました。
取替えの作業は約1時間だったのですが、我が家はロフトはついてるものの、基本的にワンルーム。
同じ部屋に作業してる人たちがいるわけで、その間私は一体どうすれば良いのやら??でした。
手伝うわけにもいかないので、仕方なくコタツに入って見たくもないのに雑誌をパラパラめくってみたり、テレビをつけてみたり。
ようやく作業が終わったときにはほっとしました。
こうゆう場合って、普通はどう過ごすべきなんでしょうね??とってもナゾだったりします。

| | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

クリスマスだね

1225 って事で、海津市の木曽三川公園にイルミネーションを見に行って来ました。
ご覧の通り、すごくきれいでした。
ちょっと寒かったですけどね。

ところで今日は仕事で大失敗をしてしまってちょっぴり落ち込んでます・・・。
自分ではものすごくがんばってやってるつもりでも、いつも肝心のところで致命的なミスをしでかしてしまう私。
やっぱり私には何かが欠落してる・・・?!
致命的ミスだけでなく、ちょっとしたミスも毎日連発しまくってるんでしけどね。
自分の今後の仕事に対するあり方を変えていかないといつまでも同じことを繰り返してしまうんだろうなぁ・・・とつくづく思ったのでした。
もっと焦らず慎重に考えて行動しなければ、ね。
これはきっと仕事だけじゃなく、すべての事に対して言えることなんでしょうね。
もう少しのんびりしたっていいじゃない。
自分にちゃんと言い聞かせなくっちゃね。

| | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

今日のパン教室♪

1221 アンパンマン&カレーパンマンです(*^-^*)

パン教室に行くと、日ごろのイライラや殺伐とした生活から開放されてのんびりしてしまいます。
その感じが好き。
私のささやかなリラックス出来る時間のひとつです。

| | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

さくらの話

1217 うちの黒猫さくらは、動物がとっても大好き♪
以前、別の猫と一緒に住んでいたことがあるのですが、相手の猫はさくらの事が嫌いで嫌いで仕方ないみたいで、毎日何度もさくらに対して唸っていましたが、さくらはお構いなしに相手の猫に寄って行って遊ぼうとしていました。
実家の犬に対しても同じで、どうやら犬はさくらの事が大嫌いみたいと言うことが先日発覚したのですが、さくらは「そんな事関係ないもん!」って感じで何度も犬に近づこうとしてました。
その度に吠えながら追いかけられてたんですけどね(^-^;
相手からどれだけ嫌われようが相手に歩み寄り続けるさくらを見て、本当に健気な猫だなぁ・・・と思う私でした。
ただ単に「しつこい」とも言う・・・?

以前、一緒に住んでた猫がいると書きましたが、ある事情で別々に住むことになったのが4年前・・・。
相手の猫がさくらの事が大嫌いだったから、別々にした方がいいだろう、と言う事でさくらは一人ぼっちになった訳です。
でも、いくら相手から嫌われてても動物好きのさくらにとっては一人ぼっちになるよりは一緒に暮らせた方が良かったのかなぁ・・・と思ったりもします。
相手にとっては大迷惑でしょうけどね(^-^;

一人ぼっちになってしばらくの間、さくらはおそらくストレスがたまってしまったのでしょう。
夕方、私が仕事から帰ると家中のマットが食いちぎられている日々がしばらく続きました。
それを見て「何とかしなきゃ」と思った私は、ペットのおもちゃ屋さん巡りをして写真に写ってる犬用のおもちゃを購入しました。
人間の手を入れて、犬とバトル出来るタイプのものです。
それを、動物に見立ててさくらと遊んだら、少しはさくらの気が紛れるかも・・・と。
その時は、私も切羽詰ってて本当に気休めでも何でも、何かしなきゃどうにも心のやり場がなかったのです。
ところがさくらはそのおもちゃに対して意外にもかなりの反応をしめしてくれて、その後ずいぶん二人でバトルを繰り広げたのでした。
楽しいけど、何だかすごく切ない。
このおもちゃは今でも家にあり、時々さくらの相手になっていますが、遊びながらたまに泣きそうになってしまう私でした。
さくらちゃん、一人ぼっちにしちゃってごめんね。
その思いは今でもずっと私の心の奥に残ったままです。

私はちゃんとさくらを大切に出来てるかな・・・?

| | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

もうお雑煮

1214 先日お餅をいただいたので、正月に先駆けてお雑煮を作りました。気が早~い(^-^;
私は飛騨高山の出身なのですが、高山のお雑煮は白菜やらアゲやら鶏肉やらいろんな食材が入っています。
小学6年の時に岐阜の美濃地方に引っ越してきましたが、その年のお正月に母親から「こっちのお雑煮にはほうれん草とお餅しか入っていないみたい」と聞いた時には「えー?!嘘でしょ」と思いました。
ほうれん草とお餅だけの雑煮って一体・・・唖然でした。
その後、そのお雑煮を散々食べさせられることになるのですが仕方なく食べてただけで、一度もおいしいと思った事はありません。
他の食べ物はともかく、お雑煮だけは子供の頃に食べてきたものじゃなきゃダメだと思うのですがどうなんでしょう・・・?

そんな訳で、私の作るお雑煮はいろいろ具が入ってます。やっぱりこの方がおいしい♪
でも小さい頃からほうれん草とお餅だけのお雑煮を食べ続けてたら逆に「なんでお雑煮にこんなにいろんな具が入ってる訳?!」と思うのでしょうね。

「さくら*がーでん」と言うタイトルにもかかわらず、さくらもガーデニングの話も最近さっぱり出てこない事にはたと気がつきました。
時期的にガーデニングはともかくとして、近いうちにさくらを登場させます♪

| | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

買い忘れたとき

1213 今日はアジの南蛮漬け。
これも時々食べたくなります。
昔、まだ若かりし日のこと、魚の頭が怖くて切り身しか買ったことがありませんでした。
今でも、包丁でちょん切られたアジの頭がズラリと並んでるのを横目で見てぞぞぞっとした私(^-^;
やっぱり魚の頭は苦手です。

この南蛮漬けを作りかけて、ふとピーマンを買い忘れたことに気がつきました。
「ピーマンがなかったらおいしさ半減だよなぁ・・・。」と「たかがピーマンがないぐらいいいじゃない。」と二つの声が聞こえ激しく葛藤しました。
その結果、料理の途中でピーマンを買いにスーパーまで走りましたよ。
実を言うと、私はこのような事がしょっちゅうあります。
買い忘れすることがすごく多く、それが分かってるので買わなきゃならないものはあらかじめメモ書きして持って行ってそれを見ながら買い物するのですが、書き忘れたり書いてあるのに買い忘れたり。
ちょっとそれって何かが欠落してるんではないかい・・・?と自分でも思ってしまいます。
ただの注意力散漫なのでしょうか・・・?

それはともかくとして、今回のピーマンのように「それがないとしても料理としては成立するじゃない」って場合でも、私は買いに行くかどうか激しく迷いながらもほぼ100%買いに行ってしまいます。
たかが料理でもどうしても妥協できない。(ならば買い忘れるな!ですよね)
そんな私の性格を自分では「本当、頭が固い女。もうちょっと軟らかくなったら楽に生きれるのに。」と常に思っています。
でも小さなことでも妥協しない・・・そんな生真面目な生き方も実は気に入っていたりもします(*^-^*)

| | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

プルーンカレー

1212 私は一人暮らしなので、カレーはめったに作る事がないのですが(作ったところで食べ切れませんものね)それでもどうしても年に1~2回ほどは自分の作ったカレーが食べたくなってしまいます。
そして今日がそんな日♪

実は、数年前までカレーの中に濃縮プルーンエキスなるものを入れていました。
プルーンを入れだしたのは今から約15年前。
当時、家族と大喧嘩をして家出した私は、1週間ほど友達の家に居候させてもらいました。
そして忘れもしない1日目の夕食にカレーを出されました。
その頃の私はココ壱で甘口を頼むほど辛いものが苦手でした。
普通の人の味覚(中辛~辛口)のカレーなんてとても食べれなかったのですが、友達の家で出されたカレーはすごくおいしい。
「これって甘口?」と聞いたら「中辛」と答えるではありませんか。
その後「でもプルーンを入れてるから甘く感じるのかも。」と言われました。
プルーンは体に良いので子供の健康のために入れてたそうです。
そのままじゃクセがあって食べにくいけど、カレーに入れるとプルーンの味はしないうえにカレーがマイルドになっておいしいんですものね。
それ以来、ちょっぴり苦い思い出と共に、カレーにはプルーンを入れ続けた私。
そして甘党だった私も今ではジャワカレーの辛口を食べれるほどになりました(*^o^*)

ところで、一人暮らしを始めてからは、最初に書いた通り年に1~2回しかカレーを作らないので、その為だけにプルーンを買うもの何だし・・・とずっと入れてなかったのです。
でも久々に入れてみたい気分になって、濃縮プルーンエキスを買いに行った訳なのですが、普通にスーパーに売ってるかと思ったら全然見当たりません。
一体それまではどこで買ってたのかも思い出せず、スーパー2軒&薬局2軒ハシゴしてようやく見つけたときには「あった!」と思わず叫びそうになりました。
プルーンカレー。一度お試しあれ♪大さじ2~3杯でOKです。

それにしても、濃縮プルーンの他の使いみちを考えなきゃ、このままじゃこの先5年は冷蔵庫に入ったままです(^-^;

| | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

久々です

気づいたら土曜日以来ブログを書いてないではないですか。
何だか飲みすぎ感ただよう今日この頃の私。
でも楽しいからいっか・・・そんな時期だしね(*^-^*)

明日はちゃんとしたブログを書きます・・・多分。(?)

| | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

はちみつ尽くし

1206 いつもお風呂で顔や体を洗うときに、自分の作った石けんを使ってる私。
1年ほど前に作った石けんが底を尽きてきたので、久々に石けん作りをしました。
今日作った石けんは「はちみつヨーグルト石けん」。おいしそ~♪ですよね。
使えるのは正月明けぐらいになってしまいますが楽しみです(*^-^*)

ついでに顔にはちみつヨーグルトパックもしちゃいました。
はちみつとヨーグルトと小麦粉を混ぜて顔に塗って10分間放置した後洗い流すだけ。
いたってシンプル・・・なのですが、しっとりツルツルになり感激(^^*)

調子に乗った私はお風呂にもはちみつを入れて入ってしまいました。
そしてはちみつ入りのハーブティも飲んだりして。はちみつ尽くしの一日でした。
と言う私は、実ははちみつを食することがあまり好きではなかったりします(^-^;
はちみつ入りのヨーグルトなんて絶対に食べませんもんね。
おいしいとは思わないけど肌や体にいいから好き。

久しぶりに?今日の料理コーナー。メンチカツです♪
揚げたメンチカツに恐る恐る包丁を入れてみたら真ん中に火が通ってないではありませんか。
仕方ないのでレンジでチンしました。
いつまでたってもメンチカツやハンバーグの「中まで火が通ったタイミング」が掴めない私でした(T_T)

| | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

口裂け女の恐怖

「口裂け女0 ~ビギニング~」が公開されますね。
口裂け女は私が高山市に住んでいた幼き頃に大ブーム(?)となりました。
人一倍怖がりの私は、当然「口裂け女」の存在も怖くて怖くて仕方ありませんでした。
「高山市に上陸したらしいぞ!」と言うウワサが流れてしばらくは、大人の女の人を見かけるとマスクをしてないか横目で確認して、してないと分かってやっと安心すると言う緊迫感に満ちた日々を送っていました(^-^;
けれども、大人もみんな口裂け女を意識していたのでしょう。当時、マスクをした大人の女の人を見かけることはなかった気がします。

私が聞いた口裂け女の情報は、美人姉妹(マスクをした状態では)の二人組。
バッタリ出会った人に「私、きれい・・・?」と質問してきて「きれい。」と答えるとマスクを取って裂けた口を見せ、逃げる相手をどこまでも追いかけ「きれい?」と聞き続けると言う・・・恐ろしすぎるものでした。
しかし、いつまで経っても口裂け女に遭遇した人は現れず、「もしや高山に上陸したと言うのは単なるウワサだったのでは?」と言った感じに忘れさられていったような気がします。
それでも「上陸が間違い」と言うだけで、あくまで口裂け女の存在を否定する人はいなかった記憶があります。
今思うと、一体あれは何だったのか・・・?ですよね。
当時子供だった私が信じるのはともかく、大人まで信じてるような感じでしたから不思議です。

さて、今年も残りわずかですね。
いいかげん掃除しなくちゃ、だわ。

| | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

小さな一歩

実は私、年の半分以上はありとあらゆる事で悩んでいるのですが、とりわけ大きな悩みを抱えてるときにはひたすら本を読み続けます。
悩みの種類によって読む本は変わるのですが、たいがいの場合、本は解決の糸口になってくれます。
今がそんな悩みを抱えてる時期・・・だから毎日やたらと本を読んでいます。
読むこと、書くこと、話すこと、考えること・・・この4つを確実にこなしていけば、どんな悩みも解決するんだろうに・・・いつも「考えること」の途中で立ち止まってしまう私でした。

何年も前からすごく気になるブログがあります。
タイトルは「のらねこ。(野良にゃん写真集)」
時々思い出したように覗くときがあるのですが、覗くたびに心がザワつき、そして切ない気持ちになります。
「私に何か出来ることはないんだろうか・・・?」そう思って、なのにそこでいつも思考を止めてしまっています。
私はいつも真剣に考えなきゃならないことから逃げている・・・ダメだなぁ。

このブログの主の方が、なんと私の実家がある多治見市に「猫の隠れ家ギャラリー」をオープンしたそうです。
今度里帰りしたときに寄ってみたいな、と思ったのでした。
まずはそこから始めよう(*^-^*)

| | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

名字

私の名字はすごく変わっていて、今まで会った人ほぼ全員から「初めて聞く名字」と言われます。
今まで「その名字の人、知ってる。」と言った人は私の記憶にある限り3人。
うち2人は私の親戚の知人でした(^-^;
ところが先日ふと「同姓同名辞典」というサイトを発見して、自分の名字のランキングを調べてみたら、なんと意外なことが分かりました。
なんと、全国の名字約13万件のうちの5万位代に属してるではないですか。
と言うことは全国津々浦々、私の名字よりも平凡な名字は約6万件、私の名字より珍しい名字は約7万件。
私の名字より珍しい名字の方が多いではないですか。
かなりびっくりしてしまいましたよ。

ところ私はその自分の名字が全然好きではなく、とっても平凡な名字に憧れてるんですが、先日ふと「この名字のおかげでいろんな人と話すきっかけが出来てるんだ。」って事に気がつきました。
初めて会った人に「何て読むんですか?」と聞かれたことは数知れず・・・。
平凡な名字だったらありえない会話のきっかけ・・・ですよね。
今まではその質問を聞くたびに「またその質問?!」と内心うんざりしてた私ですが、考えてみたらこれって人生において絶対に得なことだよね・・・と生まれて初めて思いました。
そして、何となくちょっぴり自分の名字が好きになった最近の私でした(*^-^*)

| | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »